女性フリーランス向けメディア運営者に聞く、独立したい人に知っておいてほしいこと

人生100年時代。
残りの人生がまだ65年もあるということに気づいた35歳のえりか。
お金のためと思って仕事をしていたけれど、
本当にこれでいいんだっけ?と、自分の人生を見直し中。

会社員を経て独立して、Webコンテンツの企画制作や女性フリーランス向けメディア「Rhythmoon」の運営、働く女性の声をもとにバッグを開発している小野梨奈さんにお話を聞きました。

登場人物

小野 梨奈さん(40歳)

合同会社カレイドスタイル代表
Webプロデューサー/サイエンスエディター
3児の母。
ウェブメディア運営企業での編集業務を経て、30歳を目前に独立。
企業のWebコンテンツの企画制作のほか、女性フリーランス向けメディア「Rhythmoon」の運営、働く女性の声をもとに開発したビジネスクラッチバッグ「Riz Clutch」のプロデュースをしている。

えりか

自覚症状なし!買い物大好き女子。ちゃんとしてるつもりなのがややこしい。

前編はこちら

Webプロデューサーが未経験でバッグブランドをスタート!”なんとなく”からフリーランスになった女性の話

フリーランスになる前にすべきこと

フリーランスになりたいと思ったら、まず何をしたらいいと思いますか?

まずはトライアルで始めることですね。
仕事のアテがないのに、いきなり会社を辞めるのは危険です。

まずは副業で、副業がNGなら無償でもいいので、とりあえずやってみる。
これでいけそうだと感触をつかめたら、フルタイムだった仕事を派遣やアルバイトに変えるなどバランスを取りながら、少しずつシフトするのがいいと思います。

ファイナンシャルプランナーの方も同じようなことを言ってました。

ところで、子どもがいる状態でフリーランスになる人ってどのくらいいるんですか?

Never too late!特別なスキルがない40代でも独立はできる(前編)

けっこういらっしゃると思いますよ。

子育てを経験したことで新たにやりたいことが見つかった人もいれば、職場に育休から復帰したものの、思うような働き方ができずに続けられなかった、という人もいます。

たしかにフリーランスは時間の融通が利くところが魅力的ですよね。

とくに子どもがまだ小さい頃は、働く時間や場所を柔軟に変えられるのはありがたいですよね。

ただ、「会社がつらいからフリーランスになりたい」という動機ではあまりおすすめしないです。

ギクッ。

会社勤めがつらくなってしまっている理由を考えて、まずは辞めずに解決できる方法がないか探ってみるのがよいと思います。

会社に交渉して働き方を調整するとか、業務委託にするなど契約形態を変えるなど。

それでもダメならフリーランスになればいいってことですね。

私自身はフリーランスの働き方を気に入っていて、ぜひ多くの人にチャレンジしてみていただきたいのですが、「もう嫌だ!」という動機でフリーランスになっても、うまくいかないのではと思います。

「フリーランスになってこんなことをしよう、したい!」と前向きな動機がないと、うまく行かなかったときに踏ん張れないのではないかなと思います。

ごもっともです…。

フリーランスが直面する、保育園のジレンマ

改めてですが、フリーランスとして働く醍醐味って何ですか?

仕事とプライベートの垣根がなく、常に自分の裁量で働ける心地良さがあることですね。

私の場合、仕事と育児とプライベートをすべて同時進行で欲張りに味わいつくしたかったので、最も柔軟な働き方が可能なフリーランスという道を選びました。

とはいえ、フリーランスって大変なことも多そうな気もするんですが…。

もちろん大変なこともありますけど、自分で選んでいるので、つらさはあまりないですね。

働き方が自由そうなのは本当にいいですよね。

一方で、フリーランスでマイナスに感じることはありますか?

産育休の制度がないなど社会保障面では、まだまだマイナス面が多いです。
フリーランスだと子どもを保育園に入れづらいという問題もあります。

子供を言い訳にせず、100%やり切るための努力が必要

独立して12年間、梨奈さんが仕事を続けてこれたのはなぜだと思いますか?

そうですね。
納期を守るといった基本的なことをきちんとやりつつ、期待以上の成果を出すことはつねに心掛けてきました。
でもそれって、フリーランスかどうかに関係なく、大事なことですよね。

フリーランスの場合、ダメだったら次からは仕事の依頼がなくなるので、よりシビアに見られているところはあるかなと思います。

でも、子どもが熱を出したり、予想外のことも起きますよね。

はい。
フリーランスは代わりがいないので、そこはやり方を考えるべきだと思います。
クライアントとの信頼関係を保つために、協力してくれる人を確保するなどリカバリー策を持っておくとよいと思います。

なるほど。

スタンスを明確にすることも重要で、中にはメールの署名に「子どもの急病で対応できないことがあります」「16時以降は対応していません」と明記している人もいます。

その上で、どんな仕事も100%やり切ることが本当に大切です。

一人でやるなら、仕事に対する責任感は絶対に必要ですね。

逆にこういう人には向かないなぁと思うのは?

心配性でネガティブな人ですね。

「仕事がない…」と嘆くのではなく、「仕事がないぶん時間に余裕があるから、営業メールを送ろう」というように、ポジティブに物事を考えられるとよいと思います。

仕事なかったらめっちゃ不安になっちゃいそうだな〜。
スキルも自信ないし、私は向かないかも。

「スキルがない」と言う女性は多いのですが、なにかひとつは得意だなと思うことはあると思うんです。今はちょっとしたスキルが仕事になることもあります。

フリーランスに興味がある方は、ぜひ「Rhythmoon」で情報収集してみてくださいね。

さすが商売上手!
今日はありがとうございました!

〜 おわり 〜

TEXT:mamachari編集部

Related article

関連記事

Ranking

ランキング