あの金融庁がオススメする投資初心者向けの”つみたてNISA”とは

登場キャラ

招きネコ

ねこ

お金のことなら任せて!お金を招く万能型の招きネコ。

ゆうか

バリバリ営業ができるリッチ貧乏。プライドが高い超浪費家。

つみたてNISAとは

招きネコ

NISA、ジュニアNISAの話はしたよね。

まえに聞いたね!

NISAを例えるなら、あなたのイケメンボディーガード

ジュニアNISAは子供用にギュッとしただけ

1年間で120万円分の投資による利益に対しては5年間税金かけませんよって制度だよね。

招きネコ

おー!よく覚えてるね!

やればできるタイプですからっ!

招きネコ

そのままの勢いでがんばってね。

つみたてNISAと一般NISAの比較

招きネコ

つみたてNISAは、一般NISAよりも年間の非課税枠を小さく、非課税になる期間を長くした制度なんだよ。

へー、そうなんだ。どれぐらいちがうの?

一般NISA

非課税枠
(最大)
120万円
非課税の
期間
5年間
非課税の
最大枠
600万円 (120万円 × 5年)

つみたてNISA

非課税枠
(最大)
40万円
非課税の
期間
20年間
非課税の
最大枠
800万円 (40万円 × 20年)

じゃあ両方あわせて1年間で160万円は非課税になるんだ!

招きネコ

それはできないね。
どっちか1つを選ばないといけないんだよ。

そうなんだー、残念。
どっちが良いの?

招きネコ

投資初心者のママさんには、つみたてNISAがおすすめだね。

どうして?

つみたてNISAが投資初心者にオススメな理由

招きネコ

NISAは制度の対象となる商品が幅広いよね。
上場してる会社の株式や投資信託、REITとか。

そうだね。

招きネコ

つみたてNISAの対象となる商品は、金融庁が定めた基準を満たす148本の投資信託だけなんだよ。
(※2018年4月23日時点)

金融庁?えらい人?

招きネコ

金融制度をつくったり、金融機関を検査・監督したり、株式の取引を監視するのが金融庁だよ。

ぜんぜん何やってるのかイメージできないけど、すごそうなのはわかった!

招きネコ

金融全般の仕事をしている金融庁がルールを決めていて、約6,000本ある投資信託の中から家計の安定的な資産形成に向いているものが厳選されてるんだよ。

6,000本から148本だから、ほんとに厳選だね!
148本にはどんなものが選ばれてるの?

招きネコ

コストが低い商品だね。
販売手数料が0%で、信託報酬っていう投資信託を運用している会社に払うコストも低い商品にしぼられてる。

運用成果が良くてもコストが高かったら、その分成果が減っちゃうしね。

招きネコ

そうだね。
インデックス型がほとんどで、アクティブ型は低コストで継続的に投資家に支持されて規模が着実に拡大している16本のみ。

一般NISAだと自分で投資する商品を選ばないといけないけど、つみたてNISAはある程度しぼってくれてるんだね。
それは始めやすいね。

招きネコ

だから投資初心者の方にはつみたてNISAがオススメだね。
あ、そういえば金融庁と”経済に強いママを増やす会”が主催する「つみたてNISA Meetup mama部」っていうセミナーがあるんだけど、一緒にいってみない?

そんなセミナーがあるんだ!
いってみたい!

招きネコ

いこういこう!

つみたてNISAは投資の良いとこ取り!金融庁セミナーで学んだこと

TEXT:mamachari編集部

Related article

関連記事

Ranking

ランキング