お金の話でよく出る”ポートフォリオ”の意味と組み立て方を知る

今回のお題

「ポートフォリオ」

登場キャラ

招きネコ

ねこ

お金のことなら任せて!お金を招く万能型の招きネコ。

ゆうか

バリバリ営業ができるリッチ貧乏。プライドが高い超浪費家。

「ポートフォリオ」の意味

お金の話ってほんとに横文字が多いよね。
知れば別にむずかしいってわけじゃないんだけど、いちいち横文字なのがねー。

招きネコ

多いねー。
できるだけ使わないようには気をつけてるんだけど、ついつい使ってしまうよね。

わたしにはひらがなと漢字でお願いします。

招きネコ

できる限りがんばります。

で、ポートフォリオだよね。
あらためて聞かれると答えられないよね。
なんだっけ?

招きネコ

お金の話で使うポートフォリオは、金融資産への投資比率のことだね。

はい、むずかしいですー!
漢字多めもやめてくださーい。

招きネコ

金融資産っていうのは、株式、債権、不動産とかを指す。
それが日本のもの、先進国新興国のもの。
たくさんあるよね。
それらをどんな割合でもってるかってこと。

何にどれぐらい投資してるのか、ってこと?

招きネコ

そうそう!
そもそもなんでポートフォリを組んで資産運用することが大切なのかはこの記事に書かれてるから復習で読んでみて。

資産運用しないのは、全財産をバッグにつめこんで街ブラするようなもの

あー、覚えてるよ!
いざというときのために資産をバラバラに運用しようって話ね。

招きネコ

バッグに全財産つめこんで渋谷をウロウロするのはこわいよね?
だからバラバラにしてリスクを分散しようってこと。

目標利回りをベースにポートフォリオを組み立てる

どんなポートフォリオが良いの?

招きネコ

いつも同じ答えで申し訳ないんだけど、「絶対」とか「おすすめ」っていうのはないんだよね。

いっつもそれだよねー。

招きネコ

ポートフォリオを組み立てるときの考え方はあるよ。
いろいろ考え方はあるんだけど、いつまでにいくらを蓄えたいのかを決めて、それに必要なリスクとリターンを考えてポートフォリオを組むっていう方法。

50歳までに500万円貯めたい!とか?

招きネコ

そうだね。
50歳まであと何年?

ズケズケ年齢聞いてくるよね。
別にいいんだけどさ。
50歳まではあと13年

招きネコ

そうすると、必要な利回りはこんな感じになる。

  • はじめのお金(元手) 0円
  • 毎月積み立てるお金 25,000円
  • 積み立てる期間 13年間
  • 必要な利回り 3.7%
招きネコ

MORNINGSTAR」っていうサイトですぐに計算できるよ。
ちなみにそこで出てくる”あなたにオススメのポートフォリオ”はこれ。

  • 国内株式(10.0%) 2,500円
  • 先進国株式(30.0%) 7,500円
  • 新興国株式(10.0%) 2,500円
  • 先進国債券(30.0%) 7,500円
  • 新興国債券(20.0%) 5,000円
  • 合計 25,000円

へー、これをポートフォリオっていうんだ!

招きネコ

これはあくまで参考として見てね。
その人の性格や年齢によって許容できるリスクが違うから、人によって”良い”っていう基準は変わるからさ。

こんどわたしも考えてみるわ。
わたしはリスクとってガンガン増やしたいなー!

招きネコ

ほどほどにね。
買うまえにちゃんと相談してね。

この記事の監修をした人

TEXT:mamachari編集部

Related article

関連記事

Ranking

ランキング