あなたの年金は◯◯◯万円足りないかも!知っておきたい私の年金

登場キャラ

招きネコ

ねこ

お金のことなら任せて!お金を招く万能型の招きネコ。

えりか

自覚症状なし!買い物大好き女子。ちゃんとしてるつもりなのがややこしい。

あきえ

超めんどくさがり女子。いいらしいとわかっても行動しない。

招きネコ

みんな「年金」って聞いたことあるよね?
具体的になにか言える?
これからお金を増やしたい!って思うなら、ぜひ知っておいてほしいな。

さすがにわかるよ!おばあちゃんになったらもらえるお金のことでしょ。

なんかニュースでは年金がどうこうって話はたまに見るよね。
難しそうだから、スルーしちゃうんだけどさ。

わたしはそんなのに頼って生きたくないって思っちゃうよね。

もらえるものは、もらっちゃいたいって思うけどね。私は。
それに、かなり先だからイメージわかないよね。

年金の受給は65歳から

招きネコ

たしかにまだ先のことだよね。
ちなみに年金は何歳からもらえるのか知ってる?

60歳でしょ?

招きネコ

残念だけど、もう少し遅くて65歳からもらえるようになるんだよ。
60歳からもらえるように早めることもできるんだけど
1ヶ月あたり0.5%減額されちゃうんだよね。

え!だったら、65歳からもらった方がいいね。

招きネコ

しかもその減額率(0.5%)は生涯ずっと適用されたままだから、きちんと考える必要があるんだよ。

平均30万円の会社員が
年金を納め続けた場合にもらえる金額は??

そもそも年金ってどれくらいもらえるものなの?

招きネコ

気になるよね。例えば大学卒業から65歳まで勤め上げた場合で考えてみようか。
1ヶ月のお給料が初任給20万円で、定年前40万円、平均30万円だとします。
はい、じゃあえりかちゃん、65歳になって毎月もらえる年金ってどれくらいだと思う?

30万円くらいあったら買い物とかもできて良いよねー。

(年金に頼る気満々じゃん)

招きネコ

そうだよね、それぐらいあると良いよね。でも正解は13万円ぐらいなんだよ。

13万円?!それだけじゃ全然足りなくない?

(えりかちゃん、もはや年金にすがろうとしてるよね…)

招きネコ

かなり厳しいよね。どれくらい足りないか計算してみようか。
例えば、毎月の生活費として20万円必要だとしたら、毎月7万円足りないよね。

住宅ローンが返済終わってても20万円くらいは必要だよね。全然足りないじゃん!

(年金だけで生きていくつもりだったんじゃん)

年金で足りない金額はいくら?

招きネコ

しかも日本は長寿国で、最近では「100年人生」っていう言葉なんかもあるしね。
仮に85歳まで生きると考えても、毎月7万円の20年分だから、1680万円が足りないってことになるんだよ。

「….。」

招きネコ

もし退職金が1000万円出たとして、残り680万円は貯金しておく必要があるよね。

つらい…。その話つらい..。

しかも毎月20万円の生活費って別に贅沢してるわけじゃないのにね。

招きネコ

ちなみに総務省によると、標準的な夫婦2人の生活費は月28万円とも言われてるよ。

わたしだったら倍かかっちゃうかも…。

招きネコ

これから年金はもっと減っていくと言われているし、生活形態にもよるんだけど、2000万円くらいの貯金はほしいところかな。

2000万円あったら何買えるかなー。

招きネコ

こらこら!すぐ買い物のことばっかり考えないで!定年まで30年近くあるんだから、いまから先を見据えて動けば大丈夫だよ。

老後資金の不足分を貯める

毎月どれくらい貯金したらいいんだろう?

招きネコ

貯金初級者は年収300万円だとしたら、その10%
毎年30万円貯金できればいいかな。

いま38歳だから、定年まで22年。660万円は貯められるのか。

お金を貯めるときのポイント

招きネコ

貯金するときに大事なのが、「収入-貯金=生活費」にすることだね。
これを”先取り貯金”って呼んでるんだけど、お給料から先に貯金するお金を引いて
残ったお金を生活費にするっていうやり方。

わたしは完全に”後回し貯金”だったー。次の給料からやってみる!

嘆くまえに自分を守れる女子になろう!

「年金がもらえなくなるかも…。」誰しも将来への不安はありますよね。

むしろあなたは将来に備えて動き出さなければいけないことを知れたんです!
知ってるといないでは大きな違いです。

いまから少しずつ将来にむけたお金の準備を進めていきましょう。

年金受給開始年齢の「繰上げ」と「繰下げ」

年金の受け取りが始まる年齢は65歳です。

しかし、この受給開始年齢は60歳まで早めることができ、これを「繰上げ」といいます。
繰上げすると、65歳からの受給開始と比べて、1ヶ月あたり0.5%年金額が減額されます。

仮に、60歳まで目一杯繰上げした場合、60歳時の受給額は30%(0.5%×60ヶ月)も減ることになります。

一方、65歳からさらに70歳まで受給開始を遅くすることも可能で、これを「繰下げ」といいます。
繰下げすると、1ヶ月あたり0.7%年金額が増額され、70歳まで繰上げた場合、70歳時の受給額は42%(0.7%×60ヶ月)も増えることになります。

今後、年金の受け取りが始まる年齢は更に引き上げられると予測されています。

定年退職後から年金受給開始までの数年間は退職金と預貯金で生活をすることになりますので、さらに先取り貯金は必須となってきます!

この記事の監修をした人

TEXT:mamachari編集部

Related article

関連記事

Ranking

ランキング