しっかりお金を貯めたいママには先取り貯蓄がおすすめ!

お金のプロ、ファイナンシャルプランナーに個別相談へ来たゆうか。
ゆうかの会社が給料から天引きで積立貯金をしてくれていたことが発覚。
貯金する目的もはっきりしたゆうかはヤル気満々!
さて、どうすれば5万円貯金が継続できるのか?

その1:「働くママの理想の貯金額は年収の何%?お金のプロに相談してみた
その2:「意外と知らない!会社がお金を貯めてくれる財形貯蓄の存在
その3:「しっかりお金を貯めたいママには先取り貯蓄がおすすめ!
その4:「ライフプランにあったお金を考えて、漠然とした不安を解消

前回の記事

意外と多い!会社がお金を貯めてくれる財形貯蓄の存在

登場キャラ

藤井先生

ファイナンシャルプランナー。(株)COCOPLANの社長さん。

ゆうか

バリバリ営業ができるリッチ貧乏。プライドが高い超浪費家。

先取り貯金って聞いたことありますか?

聞いたことないですね。

お給料が入ったら、先に5万円を貯金にまわして、残りの金額を生活費に充てることを「先取り貯金」といいます。

なるほど。
いまの私は、残ったら貯金って感じだったので、真逆ですね。

そうです。
まずは毎月の貯金額が本当に5万円で無理なく継続できるかどうかを確認しましょう。

何をすればいいですか?

簡単です!
5万円を封筒に入れて1ヶ月使わずに過ごせるかどうか。
これだけです。

使っちゃったら貯金額が多すぎたってことですね。

その通りです。
あくまで無理なく、継続することが重要なので、まずはそのチェックですね。

やってみます!

(1ヶ月後)

どうでしたか?

ぜんっっぜん大丈夫でした!
むしろ意識し始めると、お金を使うときに、これは本当に必要かどうかを考えるようになりました。

それは素晴らしい!
人ってすごく不思議で、意識するだけで行動が大きく変わるんですよね。

5万円から、さらにもう少し貯金にまわせると思います。

初めは無理なく、ゆとりのある範囲で始めて、その後も余裕があれば追加を考えていきましょう。
私の方でも、ゆうかさんに合うご提案を考えてきたので、いまからご説明しますね。

宜しくお願いします!!

まず、ゆうかさんは会社で財形貯蓄と企業型確定拠出年金(DC)の2つで現時点で500万円程度の資金を運用中です。

まったく実感はなかったんですが、会社に確認したらその通りでした。

そうですよね。
その積立が「日本円」なので、今回新たに運用するものは「ドル」にするのはいかがかなと思っています。

ドル??なんで急にドルなんですか?

日本円の価値がもし下落したときのリスクヘッジです。

そうなるリスクがあるかもしれないってことですね。
どれくらい可能性があるんですか?

それは何とも言えませんね。
どんなに優秀な専門家でも未来を100%あてることはできません。
だから、万が一のリスクに備えておくことが大事なんです。

なるほど。

それに、ドル建ての商品は金利が高い商品が日本円のものより多いので、そういった意味でもおすすめです。
ゆうかさんの場合は、会社の積立がありますし、少しアクティブに運用してもいいと思いますよ。

アクティブ??

少しリスクを取って、高い金利を狙うってことです。
金利というのは、ゆうかさんが得られる利子のことです。

そういう意味なんですね。

具体的には、こういった商品をご提案したいと思います。

〜その後、ゆうかは金利の高い積立てできる金融商品の提案をうける〜

※特定の金融商品を紹介できないため、割愛させて頂きます。ごめんなさい。

なんとなく「資産運用」って聞くと、難しいことを頭の良い人だけがやってるイメージがあったんですが、積立てで勝手に運用されるのもあるんですね!

一定金額を決めたら勝手に運用される積立系の商品は女性から人気ですね。

金利でお金が増えていくんだったら、もっと積立の金額をあげたいです!

やる気ですねー!
でも、一旦は最初に決めた5万円で始めましょう。

えー、どうしてですか??

投資が初心者の方の場合、長期運用ができるよう無理のない範囲でスタートすることをお勧めしています。
金利の効果(リターン)を得るには運用期間が長ければ長いほど効果が上がるためです。

そうなんですね。

もしもゆうかさんに第二子が誕生されたり、転職をして収入が変わったりなど、今後のライフプランの変化にも対応できる金額にしておくと安心です。

わかりました!じゃあ、1年後にまだ余裕があったら相談させてください。

もちろん、相談はいつでも歓迎ですよ。

※特定の商品をご推奨しているものではございません。

〜 つづく 〜

続きを読む

ライフプランにあったお金を考えて、漠然とした不安を解消

取材協力者

TEXT:mamachari編集部

Related article

関連記事

Ranking

ランキング