口座はこれ!金融機関はここ!投資信託を選ぶときのポイント

お金についていろいろ勉強してきたゆうか。
お金を運用するのがなぜ必要なのか?
税金が優遇される制度ってどんなのがあるのか?
だいたいわかってきたんだけど、
じゃあ何に投資するといいのか?を相談するため、
CFP®の高木典子さんのもとを訪れました。

登場人物

高木先生

外資系投資銀行など金融業界からFPに転身。
日本FP協会 CFP(R)資格を保有。

ゆうか

バリバリ営業ができるリッチ貧乏。プライドが高い超浪費家。

前回までの記事

防御力大!投資初心者でも使える”ドルコスト平均法”

では、口座開設について話しましょうか。

ふつうに口座を開くだけじゃないんですか?

証券口座の種類は3つ

証券口座には、3つのタイプがあります。
(※実際にはこれプラスNISA口座)
税金のこともあり、あとから修正できませんので、ぜひ知っておいてください。

特定口座
源泉徴収あり
税金の計算が不要
金融機関が税金を納める
特定口座
源泉徴収なし
税金の計算が不要
自分で税金を納める
一般口座 税金の計算が必要
自分で税金を納める

えーっと、これはなんの違いなんですか?

お給料と同じように、投資で得た利益に対して約20%の税金がかかるのですが、
その計算を自分でするか
自分で税金を納めるかの違いです。
(※復興税は考慮していない)

ラクなのは「特定口座・源泉徴収あり」

自分で計算しない、自分で税金を納めない方法はあるんですか?
ラクな方がいいなーと思いまして。

ありますよ!
「特定口座・源泉徴収あり」を選べば、税金の計算も納付も金融機関が代わりにやってくれるので自分でやらなくて大丈夫です。

だったら、「特定口座・源泉徴収あり」で購入します!

そうですね、ほとんどの方がこのタイプを利用していますよ。
口座のタイプが決まったら、つぎはどこの金融機関にするかですね。
銀行、証券、ネット証券といろいろあるなかから選んでもらいます。

金融機関によって、なにか違いがあるんですか?

ありますよ!
取り扱っている商品が会社によって違います。
銀行だと株式が買えませんし、どこの銀行かによって買える商品が異なります。

どこの金融機関で口座を開くべきか?

どこで買っても一緒だと思ってました!
なにをポイントに考えれば良いのでしょう?

ほしい商品が決まっている人は、その商品の取り扱いがある金融機関で口座を開かないといけませんね。
モーニングスター」という情報サイトで投資信託の銘柄を検索することができるので一度見てみてください。

複数の会社で取り扱いがある場合は、なにを比べれば良いですか?

売り買いするときにかかる手数料で比べる方が多いですね。
店舗型の証券会社や銀行よりも、ネット証券の方が基本は手数料が安くてお得です。

それなら、わたしはネット証券で探してみようかなー。

あとは使い勝手が良い、情報量が多いなど自分が何を優先するか考えてください。
店舗型は対面で相談できるというメリットがありますが、特に必要ないと思う方であれば手数料が安いネット証券で良いと思います。

わたしは分からないことがあったら、先生に相談するので、ネット証券で大丈夫です!

投資信託を選ぶポイントは?

ではいよいよ、投資信託を選ぶポイントについてお話しますね。

いよいよですね!

まずは、何を投資対象とするのか?
株式なのか債券なのか、国内なのか海外なのか。
それから手数料ですね。
とくに「信託報酬」という手数料は投資信託を保有している間、ずっとかかりますので一番重要です。

すいません、信託報酬っていうのはなんでしたっけ?

簡単にいうと、投資信託を運用するプロのお給料や経費みたいなものですね。
指標にあわせるインデックス運用の投資信託は信託報酬が安ければ安い方が良いです。

投資信託を選ぶときに便利!
「モーニングスター」

なるほどー!
こういう情報って何をみたら良いですか?

基本は、商品の「目論見書(もくろみしょ)」を見ることです。
その商品の詳細が書かれていますので、必ず目を通してください。
それから「モーニングスター」のレーティングは参考にしても良いと思います。
これはそれぞれの投資信託のリスクやリターンを客観的な評価を数値化したものです。


※MORNINGSTAR「ファンドランキング」※2018年5月8日検索結果より

これはどう見れば良いのですか?

ミシュランガイドと同様、★の数が多いものが評価が高いということです。
簡単に言うと、値動きが小さく、リターンが大きいいほうが評点が高くなります。
リスクを最小限に抑え、効率よくリターンを得る投資信託が評価される仕組みですね。
※評価方法の詳細は、HPをご確認ください

評点が高くて、信託報酬が安い投資信託を選べばオッケーと。

他にも、純資産が減っているところは注意シャープレシオは高い方がいい為替ヘッジの有無など、いろいろ見るポイントはあるのですが、いまからご説明しても頭がパンクしちゃいますよね。

はい、パンクします。
もう限界です……。

ですよね(笑)
では宿題を出します。

宿題……。
あまり難しくない感じでお願いします。

実際に、ゆうかさんが買いたいと思う投資信託の銘柄を選んできてもらえますか?

え!できるかな……。

15年後に350万円を蓄えるというゴールに向けて、ゆうかさんが最適だと思う投資信託を選んできてください。

これがベストだと思うものを1つ選べばいいですか?

いいえ、複数の投資信託を組み合わせてきてください。
投資のリスクを低下する方法はなんでしっけ?

あ!
資産分散、地域分散、時間分散!
この3点を守るには、投資信託をいくつか組み合わせないといけないんですね。

そうです!
このワークシートに書き出して、こんど持ってきてください。

すごく宿題っぽいですね。
なんだか楽しくなってきました!
がんばります!

がんばってください!
なにかわからないことがあればご連絡くださいね。
楽しみにしています。

〜つづく〜

取材協力者

TEXT:mamachari編集部

Related article

関連記事

Ranking

ランキング

  • 税金ってなんだ?もし税金がなかったらどうなるの?

    2018.10.05

  • minne人気作家は2児の母!趣味で作ったアクセサリーが月20万円売れるようになるまで

    2019.01.10

  • 始め方、売り方、売上げは? 趣味のアクセサリー作りを副業にした女性に聞いてみた

    2019.05.20

  • 【ママチャリ夏休み企画】100円ショップの材料で「ブタさん貯金箱」を創る!

    2018.08.21