2019.03.11

子供の学費に備える「学資保険」ってなに?

今回のお題

「学資保険」

登場キャラ

招きネコ

ねこ

お金のことなら任せて!お金を招く万能型の招きネコ。

ゆうか

バリバリ営業ができるリッチ貧乏。プライドが高い超浪費家。

招きネコ

ゆうかちゃんは学資保険入ってる?

うちは入ってないんだよね。よくわかってなくて。

招きネコ

簡単にいうと、学資保険は子どもの教育資金を確保するための保険。

なんで保険??
預金でいいんじゃないの?

「増えるお金」と「保障」

招きネコ

じゃあ例えると、
ゆうかちゃんが毎月2万円の学資保険料を10年間払い続けます。
すると、ゆうかちゃんは10年間でいくら払ったことになる?

1年で24万円だから…240万円になるね。

招きネコ

そうだね。
で、払い込みが終わったら、252万円を受け取れる。

ん?
240万円から増えちゃってるじゃん。

招きネコ

学資保険には、払ったお金よりも増えて戻ってくるものもあるんだよ。

だから、240万円が252万円になったんだ。

招きネコ

そう。どれぐらい増えて戻ってくるかを示す割合を「返戻率(へんれいりつ)」といって、この場合は105%になる。

いいね、学資保険って。

招きネコ

あと、”保険”ってついてるとおり保障がつくんだ。
もしゆうかちゃんに万が一があって、例えば5年で保険料を払えなくなった場合でも、252万円を受け取れる。

へー、ますます良いじゃん。
だから子どもいるところはみんな入ってるんだね。

教育資金の確保は他でもできる

招きネコ

学資保険はすごく人気があるんだけど、必ずしもベストなわけではないんだ。

どうして?
至れり尽くせりでいいじゃん。

招きネコ

学資保険の目的は、子どもの教育資金を確保することだったよね?

そうだね。

招きネコ

お金を確保するのが目的だったら、貯金や投資でお金をつくってもいいよね。

まぁ、そうだね。
でも保障がないじゃん。

招きネコ

学資保険じゃなくても、生命保険に加入すればカバーできるよね。

そうだけど。

招きネコ

例えば、
金利2%毎月2万円を積み立てて10年間、運用した場合と比べてみようか。

<例>
学資保険
毎月2万円・10年後・元本240万円
252万円(プラス12万円

金利2%運用
毎月2万円・10年後・元本240万円
265万円(プラス25万円

学資保険よりもプラスが大きくなってる!

招きネコ

学資保険よりも投資が良いって言いたいわけじゃないんだけど、学資保険以外にもお金を用意する方法はあるんだよってこと。

学資保険だけじゃなく、「投資」+「生命保険」って組み合わせも考えられるんだね。

招きネコ

そうなんだよね。

続きを読む
学資保険の良いところ&加入するときのコツ

返戻率の低下や販売停止が相次ぐ学資保険

「マイナス金利」詳しくは知らなくとも聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

細かい話は割愛しますが、マイナス金利等の影響をうけて、2017年から学資保険の返戻率低下や販売を停止するケースが増えています。
学資保険の魅力はなんといっても返戻率の高さだったのですが、それが低下しているとなると魅力も乏しくなってしまいますね。

教育資金の確保は、学資保険に限らず他にもいろんな方法があります。

これから学資保険を!と考えていた方は改めてご自身にとって最適な方法についてお考えになってみてはいかがでしょうか。

この記事の監修をした人

リファレンス
https://www.hokende.com/life-insurance/education
https://hoken-room.jp/student/1774

TEXT:mamachari編集部

Related article

関連記事

Ranking

ランキング