消費税10%はいつから?なんで?8%のままのモノって?

聞いたことあるなー。
なんだっけ・・・
あー、わかんない。

知らなくても困らない。

でも、知ってたら得する金融ワードを解説します。

今回のお題

「消費税増税」

登場キャラ

招きネコ

ねこ

お金のことなら任せて!お金を招く万能型の招きネコ。

ゆうか

バリバリ営業ができるリッチ貧乏。プライドが高い超浪費家。

2019年10月から消費税は10%に

お題は「消費税増税」だってさ。
いやだなー。
8%にあがったのだって、ついこの前じゃんね。

招きネコ

8%になったのは、2014年4月だね。
たしかに早いねー。
次は何%になるか知ってる?

たしか、10%になるんだよね。
さすがに高すぎでしょーー

招きネコ

2019年10月1日から、消費税は10%になるね。

消費税はなぜあがるのか?

わたしが子供のときは3%だったのになー。
ねー、そもそもなんで消費税上げるのかな?

招きネコ

ググるとこんなことが書いてあるよ。

今後、少子高齢化により、現役世代が急なスピードで減っていく一方で、高齢者は増えていきます。社会保険料など、現役世代の負担が既に年々高まりつつある中で、社会保障財源のために所得税や法人税の引上げを行えば、一層現役世代に負担が集中することとなります。特定の者に負担が集中せず、高齢者を含めて国民全体で広く負担する消費税が、高齢化社会における社会保障の財源にふさわしいと考えられます。
< 引用元:財務省HP「消費税引き上げの理由」>

めまいがする。
んー。。ごめん、解説して。

招きネコ

65歳からもらえる年金。
病院へ行ったときのお金の7割。
介護が必要と認められた人に給付されるお金。
このお金はどこから来てると思う?

国でしょ??

招きネコ

国が負担してる部分もあるんだけど、多くはみんなが納めてる社会保険料から来てるんだよ。

そうなんだねー。

招きネコ

でも今の日本は高齢化社会って言われて、どんどん高齢者の割合増えてるよね。

テレビでもよく言ってるよね。

招きネコ

高齢者が増えれば、年金受給者が増えるし、病院にかかることも増えるし、介護が必要な人も増える。

確かにそうだね。

招きネコ

実は、社会保険料で集まったお金だけでは足りない状態が続いてるんだよ。

え!そうなんだ!

招きネコ

だからって働く人や企業が負担する社会保険料を大きくすると、負担が偏りすぎてしまう。
なので、消費に伴う税金だったら高齢者も含めて、みんなで負担できるよね。っていうことなんじゃないかな。

さらなる消費税増税の可能性も

え、でも高齢化ってまだまだ続くって言われてるよね?
ってことはまた消費税増えるかもしれないってこと?

招きネコ

そういう可能性は十分考えられるよ。

えー、もう私たちも子供たちの世代も大丈夫なのかな。。

招きネコ

いまよりも厳しいかもしれない。
だから、しっかりお金のことを考えていかないといけないんだよ。

めんどくさがらずに頑張らなきゃな!
って今は思う。

招きネコ

別に「今は」って言わなくてもよくない?

うそうそ、がんばるよ!

増税されないものもある「軽減税率」

2019年10月1日より適用される消費税10%ですが、すべてのものに適用されるわけではありません。
「軽減税率」と言い、一部のものについては、今と同じ消費税8%が適用されます。
飲食費がこれに当てはまり、2019年10月以降も8%のままとなります。

ただし、お酒やレストラン、居酒屋などの外食費は適用外となります。

新聞も同様に適用され、目的は情報や知識を得るための負担を減らすためだとされています。

実は日本の消費税は低い方

国税庁のHP内「税の国際比較」ページには、先進国の消費税を表したグラフが掲出されています。
これを見ると、日本がまだまだ消費税の低い国であると分類され、今後もさらなる増税が予測されます。
そのため、消費税増税に耐えられる力強い家計作りが大切になるのです。

この記事の監修をした人

TEXT:mamachari編集部

Related article

関連記事

Ranking

ランキング